ガーデン部分の目隠しに

ガーデン部分の目隠しに
ウッドデッキやタイルデッキなどで、庭での暮らしをもっと楽しみたい!という方も増えています。
最近、デッキ部分をもっと活用するために、目隠しをしたいというご希望を、加古川市内のお客様から頂きました。

加古川市内では、住宅が密集している地域もありますからね。
せっかくのくつろぎ時間、外部からの目線は気にしたくありませんよね。

そうした場合におすすめなのが、三協立山アルミから発売されているガーデンスクリーンです。こちらは半透明のパネルなので、光は取り入れながらも、効果的に目隠しできるんですよ。

外構工事で快適な空間を作り、もっと思いっきり、お庭生活を楽しんでみてください。

神戸市西区から外構工事どっとこむ、ガーデンアサミ、プラン担当、長井でした。

サービスヤードで工夫しておきたいこと

サービスヤードで工夫しておきたいこと
勝手口近辺に、家の「裏方スペース」を用意する、サービスヤード。
裏方スペースであることを踏まえ、設置の際には気を付けておきたいポイントがあります。

まず、あると便利なのが屋根です。

ごみ出しの日までごみを置いておきたいといった場合にも便利ですし、隣家の2階から丸見えとなってしまうのも防いでくれます。
ちょっとした片付けや、大工仕事などもしやすいですね。
nisimu2_201505260950096f0.jpg


また、場合によっては囲うようなスペースを作っておくことで、
しっかりと目隠しをし、家族の自由に使えるようにしておくのもおすすめですよ。

神戸市内のお客様から、以前、自転車が停めておけるような、広めのサービスヤードを設置したいというご要望をいただきました。
確かに、自転車の荷物をそのままキッチンへと運び込むのにも便利ですね。

使い方に合わせた外構工事プランを提案させていただきますので、ぜひご相談ください。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、ガーデンアサミ、プラン担当、長井でした。

塀の高さについて

塀の高さについて
外構工事のご相談をさせていただくとき、「塀をどのくらいの高さで設置するのか」は、迷うポイントでもあります。
「いい感じに目線を遮り、プライベート空間を確保してくれる高さ」を理想とする方は多いのですが、
そう感じる高さには、人によって結構違いがあるものなんですよね。

しっかりと目線を遮りたい!と言う場合には、1.5メートル~1.8メートルあれば、外からの視線はかなり防げることでしょう。
が、同時にかなり閉鎖的な印象も相手に与えてしまいます。
敷地が広くない場合には特に、そういった印象になってしまうでしょう。

一般的には1.2メートル前後の塀の高さを選択されるお客様が多いですね。
適度に目線を遮ってくれる高さで、人に、それほど圧迫感も与えません。
kurikan_20150526091654a56.jpg


目線を遮りたい場合には、植栽などを利用する方法もあります。

神戸市近辺での外構、ぜひご相談ください。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、ガーデンアサミ、プラン担当、長井でした。

塗り壁のメンテナンスについて

塗り壁のメンテナンスについて
外構工事に関する質問をいただきました。

神戸市で新築物件を購入し、外構工事について検討されているそうです。
塀を塗り壁で設置したいと思っているのですが、メンテナンスが大変そうで迷っている、とのことでした。

確かに、塗り壁はデザインの自由度も高いですし、滑らかな仕上がりが美しいですよね。
しかし、その反面、汚れが目立ちやすいなど、メンテナンスが大変な一面も持っているものです。

こまめにお掃除していただくことが一番のメンテナンスになるのかもしれません。
また薄い色は汚れが目立ちやすいので、そういったところで工夫をするのも良い方法と言えるかもしれません。
ko2.jpg
塗り壁施工後に防汚材を塗っておくのもいいと思います。

メンテナンスが気になる場合には、塗り壁以外の方法も提案させていただきます。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、ガーデンアサミ、プラン担当、長井でした。

サービスヤードとは?

サービスヤードとは?
本日は「サービスヤード」について紹介したいと思います!

外構工事で作っておくと便利なスペースなのですが、
「ウッドデッキ」や「カーポート」、「ガーデンルーム」などの設備と比べると、知名度が低いものかもしれません。

サービスヤードとは、御勝手口やキッチンの近くに設けられているスペースのことです。
ごみ収集日まで、ごみを保管しておいたり、屋外で使うちょっとしたものの保管場所としたり・・。
外からも家の中からも使い勝手がよく、なおかつ人目にはあまり触れない場所で、
とくに主婦の方にとっては「あると便利な場所」だと思います。
nisida.jpg

自分だったらどのように使うのかを比較し、設置の検討をしてみてください。

先日、加古川市内のお客様の新築外構でもサービスヤードを設置しました。
このお客様の場合は、洗濯物干し場としても利用したい、とのことで、屋根と物干しスペースを確保しました。

使い方は自分次第!なスペースです。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、プラン担当、長井でした。

駐車スペースの改修にかかる費用

駐車スペースの改修にかかる費用
駐車スペースについての改修をお願いされることも多いです。

屋根がほしいからカーポートを設置したい!
防犯性能の高いガレージを作りたい!など、ご依頼内容は様々なんですが、
この駐車スペースの改修には、思わぬ費用が掛かってしまうこともあるので、注意が必要です。

先日も三木市内の駐車スペース増設の外構工事で、
ガス管の移転をする必要が出てしまい、それに伴う追加費用が発生してしまいました・・。
isiiaoyama.jpg
isiiaoyama2.jpg

給排水パイプやガス配管、電気配線など、埋まっているものがある場所には、基本的には駐車スペースを作ることはできません。
だからこそ、移転にかかわる費用や工事が発生してしまうんですね。

もし、これから家を新築される場合には、将来の駐車場プランについても検討しておくのがおすすめですよ。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、プラン担当、長井でした。

費用を抑える外構工事って?

費用を抑える外構工事って?
さて、外構工事にかかる費用、できるだけ抑えたい!という方も多いのではないでしょうか。
先日も加古川市のお客様から、そういったご要望をいただきました。

ということで、本日は、外構工事費用をできるだけ抑える方法を紹介したいと思います!

まず、一から外構工事をスタートさせる場合には、クローズドタイプよりもオープンタイプを選ぶことです。
ちょっと想像してみると、すぐにわかることですが、
オープンタイプはクローズドタイプに比べ、塀や門まわりがスッキリするんですよね。
そうしたところにかける費用を節約することができるので、クローズドタイプに比べ、3分の2以下のコストで工事ができることも多いんですよ。
最近は、オープンタイプを選択される方も増えているので、周囲の雰囲気にも合うのではないでしょうか。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、プラン担当、長井でした。

気になる外構工事費について・・

気になる外構工事費について・・
家を新築する際には、外構工事も一から始めることになります。
もちろん、家は完成するわけですから、外構工事はしなくても生活はできるんですよね。

しかし、家の周りの部分もきちんと整備してあげることで、より生活しやすい空間となりますし、
家の外観雰囲気も、より素敵に仕上げてくれることでしょう。

神戸市や加古川市にて、外構工事についてのご相談を承っておりますが、
やはり外構工事にかかる費用について心配される方も多いです。

家にお金をかけすぎてしまって、外構にかけるお金がもうあまり残っていないと言われるお客様もいらっしゃいます。

具体的には、建物価格の5~10%程度が外構工事にかかる費用だと言われています。

それが難しい場合には、まず、優先順位の高いところから工事をしていくという方法もあります。

予算に合わせたプランニングもさせていただきますので、ぜひご相談くださいね。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、プラン担当、長井でした。

いろんなところに活躍します。ピンコロ石。

いろんなところに活躍します。ピンコロ石。
外構工事で、石を使う場合、人気が高い素材のひとつがピンコロ石です。

名前の通り、コロッとした形状が魅力の石です。
優しい色合い、そして風合いを持っている石で、いろんなところで活躍してくれるんですよ。

最近では、神戸市の新築外構にて、アプローチ部分のラインとして使用しました。
アプローチに沿って、並べていくことで、優しいラインをデザインすることができます。

その他にも、土間コンクリートのアクセントしてピンコロ石を使用したり、階段部分のデザインに使用したりと、実に様々なところで使用できます。

花壇を作っても、独特の風合いを持つものができそうですね。
nonaka8.jpg


天然の石の優しい魅力で、花の魅力もより引き立つのではないでしょうか。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、プラン担当長井でした。

神戸市で人気のタイルデッキ

神戸市で人気のタイルデッキ
神戸市や加古川市近辺で、外構工事をさせていただいたり、お問い合わせをいただいていると、近年「タイルデッキ」の人気が高まっているな、と感じます。

以前はウッドデッキが一番人気!だったのですが、最近はタイルデッキと迷われるお客様も多いです。

ガーデン部分をもっと楽しめる設備として人気のデッキ。
akao10.jpg


タイルで作ることで、ウッドデッキよりもメンテナンスが楽であることや、
経年変化が少ないというメリットがあります。
また、ウッドデッキに比べて、比較的安く設置できる、というメリットもあります。

ただ、ウッドデッキに比べると、家から出るときに段差ができやすいなどのデメリットもあるので、ぜひ、ご自宅に合ったデッキを選択してみてくださいね。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、プラン担当、長井でした。

門塀のデザインにも・・

門塀のデザインにも・・
クローズド外構を選択する場合、塀をどのようにデザインするのかは、頭を悩ませるポイントでもあります。
面積が広い分、家の印象に与えるポイントも高いのが、塀の特徴でもあります。

外構工事では、塀もタイル貼りでおしゃれにする、という方法があります。

一部をタイルや石貼りで施工すると、塀の印象がぐっと変わるんですよ。

先日も神戸市内の新築外構にて、タイル貼り工事をさせていただきましたが、より温かみを感じられる雰囲気になったと、大変喜んでいただけました。
レンガなど、そのほかの素材と組み合わせてもデザインしやすいですよ。
kurikan_2015051909571105c.jpg


デザインにご希望がある場合は、ぜひお知らせください。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、プラン担当、長井でした。

明石市で新築外構

明石市で新築ご予定のお客様から外構の見積もり依頼をいただきました。
hukudatyakkoumae.jpg
oomatutyakkoumae.jpg
どちらも明石市の現場です。
新築外構の場合数か月後(建物完成、引き渡し後)の工事になりますが
契約していただけるのが早目になるので工事予定も組みやす建物完成、引き渡し後
すぐに工事に着工できることが可能です。お施主様もゆっくり検討できます。
外構工事が遅れるとお住まいになっても車庫が使えなかったりすることもあります。
神戸市西区から外構工事どっとこむ、プラン担当、長井でした。

明石市外構リフォーム

続きを読む

プロフィール

アチャコー

Author:アチャコー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ