レンガで塀を・・

レンガで塀を・・
最近人気があるのが、セミクローズド外構です。
一時期はオープン外構で解放感のあるデザインが人気でしたが、現在は、「もう少しプライベート空間を線引きしたい」と感じる方も増えているようです。

セミクローズド外構を希望する場合、家の周囲を囲むものはフェンスなどの圧迫感のない素材を使うことも多いのですが、「それでは希望の雰囲気にならない」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

レンガで塀を作る場合でも、塀を部分的に解放することで、圧迫感を弱めてくれます。
適度に外からの視線を遮る役割もしてくれるので、おすすめの方法です。

希望のデザインと、希望のスタイルがかなえられるよう、様々な外構工事の提案ができればと思っています。

神戸市近辺でのご相談、ぜひお任せください。

ガーデンアサミスタッフ長井でした。

オリジナリティが出せるカーポート

オリジナリティが出せるカーポート
神戸市や加古川市にて、外構工事に関するお問い合わせをいただくことも多いのですが、
最近は、カーポートもおしゃれに、自分たちらしくコーディネートしたい!と、
積極的に思われるお客様が増えているな、と感じます。

「車の駐車スペース」以上の意味を持つ空間となっているんでしょうね。

確かに、車を何台所有しているのか、土地の形状、そしてどのように車を使っているのかは、それぞれのご家庭で違うものです。
ご家族に合ったカーポートを選ぶというのは、大事なことです。

さて、そんなオリジナリティにも対応できるのが、LIXILのシステムポートという製品です。

屋根ユニットとフレームユニットで空間を作るという考え方で、
柱の位置を、自分たちに合わせて移動させることも可能なんですよ。

「ここの柱がもう少しこっちだったら、もっと駐車しやすいのになー」なんて思ったこと、ありませんか?

そんな希望も叶えてくれる製品ですね。

神戸市西区からガーデンアサミでした。

レンガって高いの?

レンガって高いの?
外構工事に関する打ち合わせで、よく聞く質問のひとつです。

「レンガで仕上げる場合、やはりコストは高くなりますか?」という質問です。

レンガ=高いというイメージがあるようですね。

確かに、コンクリートの打つのみ・・といったケースよりは高くなります。

レンガそのものの値段もかかってきてしまいます。

が、レンガって実はとても耐久性の高い素材なんです。
多少の清掃は必要ですが、長い期間に使っても劣化しづらい素材で、メンテナンスも楽ちんです。

こうしたレンガの特性を踏まえると、決して高くはないのかな?という印象を持ちます。

神戸市で、以前外構工事をさせていただいたお宅の前を通り、レンガがなんとも言えない風合いを醸し出しているのを見ると、なんだかうれしくなりますね。

自分たちの希望、そして長期間使った場合のことも計算して、検討してみてください。


神戸市西区からガーデンアサミでした。

神戸市西区で外構リフォーム

神戸市西区で外構リフォーム
本日4月19日既存の塀を壊します。
yamakitabuhu.jpg
ご近所で以前車庫増設した現場がありましてその方のご紹介でした。
息子さんが新車の購入で車庫証明がとれまた保管するとのことで
急きょ塀を撤去して車庫を作ることになりました。
今や車庫2台以上が普通になりつつありますね。
便利になるので近くで車庫を借りるよりいいと判断されました。
神戸市西区からガーデンアサミスタッフ長井でした。

新色が出ています。

新色が出ています。
レンガを決めるときに、大事なポイントとなるのが、「色」です。
この色によって、どんな雰囲気の外構に仕上がるのか、かなり違ってくるんですよね。

レンガのトップブランドの一つ、「ボーラル」はオーストラリアのブランドなのですが、本物の雰囲気と味が、日本でも広く支持されているブランドです。

神戸市で手掛けた外構工事でも、扱うことの多い素材です。

このボーラルから新しい新色のレンガが出ていて、日本でも使われるようになっています。

RISE COLORと呼ばれる3色で、今までと一味違う雰囲気が楽しめるでしょう。

「レンガはレンガでも、ちょっと違うものがいい!」と言う方には、ぜひおすすめの商品ですよ。

神戸市西区からガーデンアサミスタッフ長井でした。

レンガの雰囲気をもっと手軽に・・

レンガの雰囲気をもっと手軽に・・
レンガを上手にあしらってあるエクステリアは、温かみがあって人気があります。
神戸市近辺で外構工事を手掛けていますが、お客様からの問い合わせも多く、人気があることを実感します。

ただ、本物のレンガを一面に敷き詰めるようなケースですと、やはりコストも気になってしまいます。

最近人気なのが、ケンクリートカバー・ケンクリートスタンプという特殊な工法です。

これは、コンクリートを打つ時に、コンクリートに色を付け、好みのデザインに仕上げるというものなんです。

コンクリートなんですが、レンガを敷いたような雰囲気に仕上げることができるんですね。

コストの面からも強度の面からもおすすめの工法となっています。

デザインの自由度も高いので、ぜひ「理想のイメージ」を相談いただければ、と思います。

神戸市西区からガーデンアサミスタッフ長井でした。

カーポートの種類って?

カーポートの種類って?
加古川市のお客様から、カーポートに関するお問い合わせをいただきました。
カーポートに関連する外構工事は人気が高いです。
リフォームでより使いやすく!と考えるお客様も多いですね。
毎日車を使う方の場合、使いにくいカーポートに毎日イライラ・・なんてことにもなってしまいますからね。

さて、カーポートにも様々な種類があります。

大きな違いとしては、屋根を片側から支えるタイプなのか、両側から支えるタイプなのか、という点があります。

安定感があるのは、やはり両側から支えているタイプのものですね。
しかし、スペースにゆとりがない場合には、
柱を片側だけのものにすることで、駐車しやすいスペースを確保することができます。

ご自宅の駐車スペース、そして好みのデザインなど、様々な点から検討してみてください。

神戸市西区からガーデンアサミスタッフ長井でした。

加古川市外構リフォーム

加古川市外構リフォーム 
着工前
akiyama3.jpg
akiyama4.jpg
現況の車庫土間が勾配がきつく
車庫入れの際、車体をこすってしまうとのことで
思い切って車庫全体(一番奥から掘削処分し土間傾斜をゆるくします。)
akiyama.jpg
3か所に伸縮目地を設けてコンクリートのヒビ割れ防止を施します。
akiyama1.jpg
下地工事の完了後
生コンクリートを打設します。
数社からの相見積もりから選んでいただきました。

神戸市西区からガーデンアサミスタッフ長井でした、

洗い出しアプローチの魅力

洗い出しアプローチの魅力
先日から、明石市にて、洗い出しアプローチの外構工事をさせていただいています。

洗い出しのアプローチは、独特の表情を持ったアプローチになるという点以外にも、
様々なメリットがあるので、紹介したいと思います!

まず、天然の石を使うことで足元が滑りにくいアプローチに仕上げることができるんです。

アプローチは家族やお客様を玄関へと導く大事な場所です。
人が歩くことを前提とした場所なので、こうした機能はうれしいですね。

また、雨が降ったりして、石が濡れた時に、また違った印象を与えてくれるのも魅力です。
石に艶が出て、乾いたときの落ち着いた印象とは、また違った雰囲気になるんですよ。

ぜひ、そうした点にも注目して、アプローチをどうするのかについて検討してみてくださいね。

神戸市西区からガーデンアサミでした。

憧れの芝生!

憧れの芝生!
明石市にて、お庭の模様替えのご相談をいただいております。
以前から、庭に芝生を敷きたいと思っていたそうですが、
仕事が忙しく、手入れも難しいだろうとのことで、諦めていたんだそうです。

しかし、このたび、「やはり理想の庭に近づけたい!」とご決断された、とのこと。

外構工事の打ち合わせをしていると、やはり芝生の庭というのは人気があります。

が、一方で、メンテナンスが大変そう・・といったお声もよく聞きます。

確かに、タイル貼りや石張りにするよりは、世話をする手間もかかるでしょう。

しかし、芝生の庭には、そういった手間がかかっても、なお捨てがたい魅力があると感じます。

芝生のメンテナンスはまず「芝刈りをしっかりと行うこと」になります。
芝が伸びてきた・・と思ったら、すぐに刈り込むことで、芝の葉の成長を促し、
青々としたきれいな芝生を維持することにつながります。

要点さえ押さえておけば、決して難しいものではないので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

神戸市西区からガーデンアサミ スタッフ長井でした。

どこにレンガを使うのか。

どこにレンガを使うのか。
レンガをどこに使うのか、というのは、それぞれの好みで違ってきます。
どれくらいの面積を、レンガにするのかも迷ってしまいそうですね。

神戸市内を仕事で回っていると、おしゃれなお宅も多く、ついチェックしてしまいます。

さて、最近、駐車スペースをレンガ敷きにしたいのですが、という問い合わせをいただきました。

駐車スペースを一面レンガにする場合、やはり耐久性の高いレンガを使用する必要があります。
また、一面レンガ敷きにしなくても、ポイントでレンガを使用する方法もあります。
いくつか施工例を紹介させていただいたところ、好み似合う雰囲気が見つかったようです。

外構工事って、実際にどういった雰囲気で仕上がるのか、想像するのが難しいところがあります。

そうした時には、実際に施工例を見ていただくと、雰囲気もつかみやすいですよ。

神戸市西区からガーデンアサミスタッフ長井でした。

今日、注目してみたいのは、シャッターについてです。

ガレージのシャッターを選ぶコツ
ガレージを選ぶ際には、様々なポイントがあります。

今日、注目してみたいのは、シャッターについてです。

車の出し入れの際の重要部分でもあり、
また、車庫内部をどれだけ活用できるのかも、このシャッターによって大きく異なってきます。

ガレージのシャッターを選ぶ際には、使い勝手とともにデザインも重要となります。
まさに家の顔ともいえる場所ですからね。
デザインもいろいろなので、自分の家の外観イメージと合うものを選んでみてください。
温かい雰囲気のものから、メタリックな雰囲気のもの、和風な雰囲気のものなどで、大きく違うんですよ。

機能については、電動のものと手動のものがあります。
天気が悪い日などは、やはり電動のほうが便利かと思いますが、費用の面で差が出てくるので、自分たちがどう車と共に生活していくのかを考えてみるのがおすすめです。

今日は、前から手掛けていた神戸市東灘区での外構工事が完了しました!
施主夫妻のこだわりが詰まった庭で、たくさんの思い出を作っていってもらえたら嬉しいですね。

神戸市西区からガーデンアサミスタッフ長井でした。

使い勝手の良いガレージとは?

使い勝手の良いガレージとは?
神戸市北区にお住まいのお客様からガレージのリフォームについて相談を受けました。

家を建築した時に、ハウスメーカーさんにお願いして、外構工事をされたんだそうです。
土地の形の都合もあり、駐車スペースには妥協せざるを得なかったそうですが、やはり使いづらいとのことで、リフォームを考えておられる、とのことでした。

時間が経過し、家や庭の使い方も変化したことで、ガレージに使える面積も広くなり、以前より使いやすいガレージを提案できるのでは、と思います。

さて、失敗しないガレージの作り方として押さえておきたいポイントは、玄関からガレージまでの動線です。

作るときは、「ちょっとのことだから・・」と妥協してしまいがちなのですが、それが毎日何度も積み重なっていくことは、ストレスにもなりかねません。

雨の日や荷物の多い日にも、気持ちよく家の中へと入ることができるプランを検討してみてください。

神戸市西区からガーデンアサミスタッフ長井でした。

車庫部分の外構、いつから使えますか?

車庫部分の外構、いつから使えますか?

本日、神戸市東灘区で、車庫部分の外構工事を行わせていただきました。
車を3台分のスペースはゆったりとしていて、とても使いやすそうです!

今日コンクリートを入れたのですが、施主様より、「いつから駐車スペースが使えるのか?」という質問をいただきました。

確かに気になるところですよね。
車を止められる場所は自宅から近いに越したことはありませんから。

コンクリを入れてから、大体5日ほどたてば大丈夫です。

状態によってはもっと早くに利用してもらうことも可能ですが、大体の目安として、5日ほど待っていただければ安心でしょう。

途中の天気などを気にされる方も多いのですが、基本的には天気は関係ないので安心してくださいね。

もう少し、辛抱してください。

神戸市西区からガーデンアサミでした。

またまたガレージのサイズについて

またまたガレージのサイズについて
またまたガレージのサイズについての紹介です。

一般的にガレージには法律で決められているようなサイズはありません。

自分の車が、道路にはみ出したりせず、きちんと駐車できているのならば、それで良いのです。

一応、国土交通省による標準駐車場条例というものが定められていて、「駐車台数1台につき幅2.3m以上、奥行5m以上」というのが基準となっていて、一般のカーポートなどはこれに準じたサイズであることが多いです。

注意が必要なのが、駐車場が道路に面している場合、その道路の幅についてです。
道幅が狭いところに面したカーポートは、これよりも広くないと、駐車するのが大変なんです。
(駐車動作を考えてもらえたら、すぐにわかるのではないでしょうか。)

神戸市近辺には、道幅が狭い道路もあるので、こうした場合には外構工事にも注意が必要ですね。

神戸市西区からガーデンアサミでした。

ガレージのサイズって?


ガレージのサイズって?
神戸市のお客様のところへ、ガレージに関する打ち合わせに行ってきました!

比較的スペースに余裕があるので、
普段使う車は1台だけど、2台用のカーポートを設置したい!との希望を持っていらっしゃいました。

それならば・・と、比較的、サイズにゆとりのあるメーカーも提案させていただいたのですが、雨の日に荷物を下ろすときのことや、お子様が帰省された時のこと、また普段ちょっとした作業をするための場所としても活用したい、とのことで、お客様の最初のご希望通り、2台分のカーポートを設置することになりました。

2台止めたときにも、奥様がゆとりを持って駐車できるように、と、サイズは大きめのものです。

カーポートをどう使いたい!という希望が明確な場合、外構工事のプラン作成もスムーズに運びますね。

神戸市西区からガーデンアサミでした。
プロフィール

アチャコー

Author:アチャコー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ